/

この記事は会員限定です

決算会見AI分析、欧米企業の6割心理悪化 景気後退懸念

[有料会員限定]

世界の大企業が事業環境の先行きへの警戒を強めている。主要な欧米企業約80社について、2022年4~6月期の決算説明会の発言を人工知能(AI)などで分析したところ、6割強で直前四半期に比べてネガティブ(後ろ向き)な内容が増えたことが分かった。インフレや金融引き締めを背景に景気後退リスクが高まるなか、経営幹部が弱気な需要見通しなどを示すケースが目立つ。日本企業でも同様の発言が相次いでいる。

AIを使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン