/

この記事は会員限定です

ヤマダHD、自社株買い1000億円も届かぬ500円

坂本佳乃子

[有料会員限定]

ヤマダホールディングスが発行済み株式の約24%に上る大規模な自社株買いを発表してから約1カ月がたった。1株利益を押し上げるなどとして株価は一時ストップ高となったがその後460円前後で伸び悩む。取得総額上限1000億円を取得株数上限で割った「想定価格」の500円を下回る。業績の精彩を欠き、1000億円全額の実施は難しいのではとの懸念も出ている。

「構造改革に取り組んできたこの10年の間、海外投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン