/

この記事は会員限定です

キヤノン、カナダ半導体買収で狙うCTのゲームチェンジ

[有料会員限定]

キヤノンは9日、次世代コンピューター断層撮影装置(CT)の開発に向け、カナダ半導体企業を買収すると発表した。少ないX線照射で高精細な画像を映し出せる技術を取り込む。2025年までの5年間で2000億円を医療関連の研究開発(R&D)に投じる計画で、世界首位を狙うCTに重点投資する。

カナダの半導体メーカー、レドレン・テクノロジーズを完全子会社化する。取得額は300億円強で、今秋にも買収を完了する。1999年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン