/

この記事は会員限定です

東芝、社外取主導で空転の1年 新設特別委も同じ顔ぶれ

(更新) [有料会員限定]

東芝が新たに特別委員会を設けることを決めた。グループ全体を2分割する再編案は中断し、株式非公開化を含む戦略的選択肢を検討する。最初の非公開化提案から1年たち、再編は振り出しに戻る。特別委は分割案を主導した戦略委員会とほとんど顔ぶれが変わらない。「失われた1年」を取り戻せるかは未知数だ。

東芝は7日夜、特別委の設置に伴い、同日付で戦略委員会を解散したと発表した。戦略委は東芝独自の企業統治(コーポレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン