/

ソフトバンクG孫社長 「福岡ドームを無償提供いかが」

ワクチン接種会場に ツイッターで検討表明

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は7日、新型コロナウイルスのワクチン接種会場として、福岡ペイペイドーム(福岡市)を無償で提供する意向を明らかにした。同ドームはSBG傘下のプロ野球球団である福岡ソフトバンクホークスの本拠地だ。

孫氏は同日夜、自身のツイッターに「医療従事者不足の中、大規模会場はワクチンの作業効率向上に役立つのかも。だとしたら福岡ドームを無償提供検討したいけどいかがでしょう」と投稿した。

ワクチン接種は国が指示を出し、都道府県が調整したうえで市区町村が実施する仕組みだ。政府は東京都や大阪府で国の施設などを活用して接種会場を広げているが、医療従事者や大規模な会場が見つからず、接種がスムーズに進まない問題も生じている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン