/

この記事は会員限定です

社員1人当たり営業益 伸び率上位企業、効率経営で稼ぐ

NEXT1000

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞は売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、3年前と比較した従業員1人当たりの営業利益額の伸び率について調べた。上位に目立ったのは、新型コロナウイルス禍をはじめとした強い逆風下でも効率よく利益を稼げる企業。首位はパソコンのレンタルを手掛けるパシフィックネットとなった。

1位 パシフィックネット、法人向けレンタルに商機

「5年前はジェットコースターのような業績だったが、構造改革によっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン