/

この記事は会員限定です

就活早期化、大学の7割超が望まず 学業への影響懸念

2021年 有力大学長アンケート㊦

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でも企業の採用意欲は底堅く、優秀な学生といち早く接点を持とうと採用の早期化が進む。日本経済新聞が実施した学長アンケートで、学生の就職活動について尋ねたところ、7割超が早期化は望ましくないと答えた。学業への影響や就活の長期化につながることへの懸念が強い。一方でオンライン就活の広がりには前向きな意見が多かった。

政府は2023年春卒業予定の学生の就活について、企業の広報活動を大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン