/

この記事は会員限定です

おもちゃ見本市、3年ぶり開催 目玉は昭和レトロ

[有料会員限定]

クリスマス商戦向けのおもちゃ見本市が7日、3年ぶりに都内で開かれた。今年の目玉の一つは、昭和時代に大ヒットした玩具を復活させた商品。子どもから祖父母まで楽しめるため、新型コロナウイルス下で親子のコミュニケーションを促進させるツールや在宅勤務によるデジタル疲れなどの需要を取り込む。見本市は8日まで。約1万点の商品が出展され、3200人の来場を見込む。

タカラトミーは、ボタンを操作してボールをゴール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません