/

この記事は会員限定です

手持ち花火「ディスタンス」でも満喫 大人も魅了

煙少なく子供写真もばっちり 光跡でメッセージも

[有料会員限定]

手持ち花火の販売が好調だ。2021年の夏も全国で花火大会の中止が相次ぐ一方、屋外で、少し距離をとって遊ぶとあって、新型コロナウイルスの感染が収まらない中でも楽しめる数少ない選択肢だ。子供の写真をきれいに撮りたい親心をくすぐる商品が人気なほか、高級な国産の線香花火もフル生産。手土産など大人の需要も生まれている。

JR浅草橋駅(東京・台東)近く。花火を多く扱う長谷川商店には、平日の昼下がりも買い物客が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン