/

この記事は会員限定です

「スズキはメダカより小さな蚊」 鈴木修会長25日退任

語録で振り返る経営者人生

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スズキの鈴木修会長が25日の定時株主総会後に相談役に退く。1978年の社長就任から43年で売上高を12倍の3兆円超に引き上げた。いち早くインド市場に進出し、自社を「中小企業」と位置づけて世界の自動車大手とも相次ぎ資本提携に踏み切った。群雄割拠の自動車業界を生き抜いてきた経営者人生をこれまでの発言から振り返る。

「GMは鯨。スズキはメダカより小さな蚊。メダカならのみ込まれるが、蚊は空高く舞い上がり、飛んでいける」

世界の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1815文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン