/

この記事は会員限定です

ペイロールの湯浅社長「給与計算、外部委託ニーズ加速」

[有料会員限定]

大手企業向けに給与計算業務の受託を手がけるペイロールが22日、東証マザーズに上場する。湯浅哲哉社長に事業の概要や今後の戦略などを聞いた。

――事業内容や強みを教えてください。

「企業の給与計算業務を受託している。日本の給与計算は複雑で、大きく3つの機能が必要だ。1つ目は勤務報告や引っ越しの申請などをウェブでできるようにする機能。2つ目は各社の給与規定に基づいた計算エンジン。そして3つ目に自治体への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の事業内容や上場後の成長戦略は。日経新聞電子版「もうすぐ上場します」コーナーでは経営トップのインタビューをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン