/

この記事は会員限定です

住宅ローンの不正防ぐ iYellが検知機能開発へ35億円調達

[有料会員限定]

スマートフォンで住宅ローンの手続きができるサービスを提供するiYell(イエール、東京・渋谷)は英運用大手フィデリティ・インターナショナルなどを引受先とする第三者割当増資で35億円を調達した。過去の物件価格や住宅ローンのデータを基に、物件価格の水増しなどの不正行為を自動検知するシステムを開発する。住宅ローンや不動産のデジタル化に関わる企業の買収にも充てる。

サービス「いえーる ダンドリ」はチャッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン