/

この記事は会員限定です

飼料米の作付面積6割増 主食用から転換、米価なお低迷

[有料会員限定]

2021年産のコメ生産で飼料用米の作付面積が急増し、過去最大となった。主食用米が供給過剰で値崩れするのを避けたい農林水産省が助成金を使って転作を積極的に奨励。20年産比で6割増という過去最大級の転作が進んだ。それでも主食用の米価の下支え効果は乏しく、農水省はさらなる需給引き締めに向けて22年産で小麦や大豆などへの転作を促す。

21年産の飼料用米の作付面積は11万6千ヘクタールで、20年産比4万5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン