/

この記事は会員限定です

大阪・西成の住宅崩落 擁壁が崩れたメカニズムを探る

[有料会員限定]
日経クロステック

大阪市西成区の住宅地で擁壁が崩壊し、2棟(計4戸)の住宅が崖下へ次々に崩落した6月25日の事故。なぜ、擁壁は崩壊したのか。地盤の専門家への取材を基に原因を探る。

擁壁背面の土が流失したか

事故があったのは、南北に細長い崖沿いの土地に、複数の住宅が連なって立つエリア。最初に、南から2番目に立つ連棟住宅(2戸)が擁壁の崩壊に伴って崩落し、しばらくして、その北隣に立っていた別の連棟住宅(2戸)も崩落した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン