/

この記事は会員限定です

婚活のIBJ、事業転換に潜む「のれん」減損リスク

朝香湧

[有料会員限定]

結婚相談所大手のIBJが事業モデルの転換を進めている。M&A(合併・買収)を重ねた消費者向けの婚活支援事業が新型コロナウイルスにより減速。新たに中小の結婚相談所を支援するサービスに力を入れる。もっともそこには純資産の4割にまで膨らんだ「のれん」の減損ともう一つのリスクが潜む。

IBJは結婚希望者に相手を紹介したり、結婚に関して助言したりするBtoC(消費者向け)の婚活支援サービスが主力事業。結婚希望者か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1866文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン