/

この記事は会員限定です

広がる中古スマホ市場 在宅勤務で2台目需要

20年度取引数は14%増 通信料下げもきっかけに

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で中古スマートフォンの市場が拡大している。2020年度の取引件数は前年度に比べ14%増えた。在宅勤務の広がりのほか、巣ごもり生活でゲームや動画向けの2台目需要が増えている。スマホ通信料の引き下げ機運が端末価格を見直す動きにもつながりつつある。

中古スマホの販売サイト「にこスマ」を運営するビロング(東京・渋谷)によると、20年度のフリマ市場での中古スマホ取引件数は44万1473件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン