/

日本ユニシスが社名変更、22年4月から「ビプロジー」

BIPROGY(ビプロジー)のロゴ

日本ユニシスは7日、2022年4月から社名を「BIPROGY(ビプロジー)」に変更すると発表した。6月下旬に予定する株主総会に諮って承認を得る。

ビプロジーは虹の7色を示す。「社会の変化に応じて提供する価値を変える」と意味を込めた。平岡昭良社長は「IT(情報技術)サービスだけではなく、社会的な価値を創出する企業へ飛躍するため、唯一無二のブランドをつくることにした。30年への新ビジョンを策定した今が社名変更のベストタイミングと判断した」と説明する。米ユニシスとの資本関係は06年に解消していたが、ユニシス製品の国内販売で業務提携を続けていた。ビプロジーへの社名変更後もユニシス製品の取り扱いは継続する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン