/

スクエニHD株、米運用大手がほぼ売却 

米運用大手キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニーがスクウェア・エニックス・ホールディングスの株式を売却したことが7日分かった。共同保有分を含む保有比率が8.03%から0.15%に下がった。同日、関東財務局に提出した大量保有報告書で明らかになった。

QUICK・ファクトセットによると、キャピタルは2020年6月時点で同株式を2.72%取得しており、20年12月時点では6.38%に引き上げていた。保有目的は「通常の業務としての純投資」としていた。

スクエニHDの7日終値は5820円。20年9月に付けた上場来高値(7460円)から2割下がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン