/

UAゼンセン、パート時給40円増要求へ 最低賃金1060円

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは8日、2022年の春季労使交渉で企業内最低賃金について時給1060円を基準に要求する方針を固めた。パートでは時給40円増を目安とし、2年ぶりに具体的な金額を示した。経済が正常化に向かうなか人手不足など現場の負担が大きくなっており、格差是正を目指す。

UAゼンセンは約2300組合が加盟し、182万人の組合員を抱える国内最大の産業別労働組合。パートなど短時間組合員が6割を占める。加盟労組と議論し、22年1月20日の中央委員会で統一要求を正式決定する予定だ。

正社員とパートなどを合わせた全体の目標については「2%基準」のベア(ベースアップ)を求める方針。21年は新型コロナウイルスによる業績の悪化を考慮して目標数値に幅を持たせたが、新規感染者数が落ち着き行動制限も緩和されるなど正常化に向かっているとみて、2年ぶりに「2%基準」に戻す。

雇用形態による不合理な待遇差をなくす「同一労働同一賃金」は4月から、中小企業にも適用されており賃金面での対応も焦点になる。正社員では定期昇給などに加えて2%のベアを基準とする。パートは昇給分に加えて「2%以上」時給を引き上げるほか、昇給分が不明な場合総額4%増を基準にする。

前回の春季労使交渉では具体的な金額を示さず、最低賃金の小幅な上昇などを受けパート時給は18.7円増で妥結した。22年は最低賃金引き上げに加えて格差是正のため40円増を要求基準とし2年ぶりに金額を示した。松浦昭彦会長は「前回は異例の闘争だったが、今回は一定の落ち着きがあり通常の闘争に戻していく」と話した。

企業内最低賃金は1060円(月163時間労働換算)を目指す。全国の地域別最低賃金の加重平均(930円)や、単純比較できないが前回の基準(1040円)を上回る額。「企業内最低賃金を協定すること自体が賃金底上げにつながる」(西尾多聞副書記長)として全組合が協定化を目指すことも改めて示した。

21年春季労使交渉ではパート1人当たりの賃上げ率(ベア+昇給分)が1.87%となり、正社員の賃上げ率(1.91%)を6年ぶりに下回った。今回はパートと正社員の賃上げ率の差も焦点となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン