/

この記事は会員限定です

EV化「自社開発限界、他社と連携」 日産内田社長に聞く

そこが知りたい「2022年に向けて」②

[有料会員限定]

世界の自動車大手が電気自動車(EV)への大型投資を一斉に打ち出している。トヨタ自動車が2030年までに4兆円を投じ、日産自動車も22年度からの5年間で2兆円をかけてEVなどの開発を急ぐ。日本勢はEVの商品化で先行したものの、販売では米テスラなどに出遅れている。日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)にEV化の遅れをどう取り戻すか聞いた。

――30年度に車種の半分以上をEVとハイブリッド車(HV...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン