/

この記事は会員限定です

羽田空港で自動運転車いす 座っていれば搭乗口へ

[有料会員限定]
日経クロストレンド

空港の保安検査場から搭乗ゲートまでの長い道のりを、自動運転で連れて行ってくれる――。そんな電動車いす型モビリティーの本格運用が羽田空港の国内線ターミナルで2021年6月14日から始まった。手がけているのは、スタートアップのWHILL(ウィル、東京・品川)。同様の自動運転型モビリティサービスを、さまざまな施設に広げていくことを目指している。

導入するのは羽田空港の第1・第2ターミナルビルを管理する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン