/

コカ・コーラ、小型ボトルも値上げ 6~18%

コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)は7日、500ミリリットル前後の小型ペットボトルの飲料など120品目や酒類を10月1日出荷分から値上げすると発表した。炭酸飲料の「コカ・コーラ」や緑茶飲料の「綾鷹(あやたか)」などが対象で、希望小売価格は6~18%の上昇となる。

自販機やスーパー、コンビニエンスストアなど全販路で値上げする。例えばコカ・コーラの500ミリリットルの場合は20円上がり160円(税別)になる。ミネラルウオーターの「い・ろ・は・す」は2リットルも値上げする。価格は351円と20円上がる。CCBJIは缶チューハイの「檸檬(れもん)堂」などを販売しているが、酒類の対象品目は検討中としている。

同社の販売数量のうち650ミリリットル以下のペットボトルは4割近くを占める。2リットルや1.5リットルの大型ボトルは5月からスーパーなど向けの出荷価格を引き上げ済みだ。原材料などのコスト高が続くなか、値上げ対象を全容量に広げる。

サントリー食品インターナショナルなどの大手飲料メーカーは小型ボトルを含めて10月からの値上げを発表している。CCBJIの小型ペットボトル飲料の値上げ表明により、上位メーカーの幅広い容量での値上げが出そろったかたちとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン