/

この記事は会員限定です

東芝、株主還元に躍起 中長期の成長見えぬ分割修正案

[有料会員限定]

東芝がわずか2カ月半で3分割を軸にした再編案の見直しを迫られた。7日、空調子会社など非中核事業を売却し、2年間で3000億円に株主還元を積み増すことを発表した。事業ごとの企業価値を顕在化するための分割案に対して株主の支持が得られない中、譲歩を迫られた格好だ。3月の臨時株主総会で過半の賛成を得て分割案を進める方針だが、還元先行で分割後の成長戦略はまだ描けていない。

「すべての利害関係者、株主が合意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン