/

この記事は会員限定です

サンデン、銀行団630億円を債権放棄 事業再生ADR

[有料会員限定]

経営再建を目指す自動車向け空調大手のサンデンホールディングス(HD)は7日、都内で債権者会議を開き、生産拠点の見直しなどを含む再建策について承認を得たと発表した。銀行団は借入金の6割に相当する630億円の債権放棄に応じた。この結果、昨年6月末に申請した私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)の手続きが成立した。

再建計画は2019年4月に発表した中期経営計画を一部踏襲し、中国や欧州などで生産体制を再編する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン