/

この記事は会員限定です

洋上風力「初戦」落選、どう巻き返す? レノバ木南社長

そこが知りたい

[有料会員限定]

政府が洋上風力の事業者を決める公募・入札で、実質的な初戦となった秋田県沖など3海域では三菱商事の企業連合が総取りした。売電価格の圧倒的な安さが決め手となった。3海域の1つで早くから事業検討を始め、優勢とされていた再生可能エネルギー専業のレノバはどう巻き返すのか。木南陽介社長に聞いた。

――2021年末に結果が公表された3海域での敗因はなんですか。

「まだ分析中だが、今回の結果を受けて入札前の大方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン