/

この記事は会員限定です

製薬大手、コロナ機にMR拠点縮小 アステラスは半減

[有料会員限定]

製薬大手が国内の営業拠点を大幅縮小する。全国の病院に医薬情報担当者(MR)が通い医師に売り込む営業手法が新型コロナウイルス禍で一変。リモート営業が浸透したのを機に、アステラス製薬は4月から営業拠点を半減。米イーライ・リリー日本法人も6月までにほぼ全廃する。オンライン対応が遅れていた医療分野でデジタル活用が進展すれば、新薬開発により多くの経営資源を投じられるようになる。

アステラス製薬は4月から全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン