/

この記事は会員限定です

昭和産業 業務用大豆製品を値上げ 13年ぶり

[有料会員限定]

昭和産業は7日、ハンバーグなどの原料の一部として使われている業務用の大豆たんぱく製品を7月から値上げすると発表した。約30品目が対象で、7月1日納品分から1キログラムあたり30円以上値上げする。中国の旺盛な需要増で需給が逼迫し、原料となる大豆相場が高騰していることに加え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン