/

この記事は会員限定です

Apple、個人情報追跡を制限 広告効果測定に新機能

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米アップルがスマートフォン利用者のプライバシー保護とネット広告の両立に向けて動き始めた。アプリを使って消費者の属性に応じた広告を配信するターゲティング広告を困難にする仕組みを今春から導入すると7日、明らかにした。広告主にはアップル自ら広告配信効果を伝える仕組みを導入し、ユーザーの同意がなければ複数のアプリをまたいで個人情報を追跡できないようにする。40兆円とされるデジタル広告市場は転機を迎えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン