/

この記事は会員限定です

幻の和牛「東京ビーフ」、知名度向上へPR足並み

[有料会員限定]

飼育頭数の少なさから「幻の和牛」とも呼ばれる「東京ビーフ」をもっと知ってもらおうと、生産者や販売事業者が販売促進活動の足並みをそろえつつある。東京の肉用牛の生産は都市化の進展などを背景に、20年で半減した。関係者は連携しながら知名度を向上してブランド力を高めることで価格を安定させ、生産基盤を強化する。

東京プリンスホテルは今月から営業している「森の中のビアガーデン」で「東京ビーフバーベキュー」(1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン