/

この記事は会員限定です

花き卸4社、取引情報データベース化 効率的な供給網確立

[有料会員限定]

東京や愛知などの花き卸売会社は、品種や数量といった各社の取引情報を共有し、統一コードなどで整理したデータベースを構築する。2024年度をめどに生産者に公開し、需要が伸びる品種の栽培を促すことなどを想定する。花は他の農産物に比べ消費者の嗜好を捉えきれていないとされ、デジタル化で効率の高いサプライチェーン(供給網)をつくる。

大田花き、フラワーオークションジャパン(東京・大田)、豊明花き(愛知県豊明市)、なに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン