/

この記事は会員限定です

東芝、1500億円の還元発表 成長投資とのバランス課題

[有料会員限定]

東芝は7日、6月末を基準日として1株110円の特別配当をすると発表した。1000億円を上限とした自社株買いも決め、既に決めていた1500億円の株主還元をする。25日の株主総会に向けては一部の株主が取締役候補を批判している。還元強化で株主への配慮を示すが、企業価値向上に向けて成長投資とのバランスも課題になってくる。

2022年3月期の配当は特別配当を含めて年190円(前期は80円)となる。東芝は平均連結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン