/

この記事は会員限定です

富士山の灰、都心インフラに被害も JR東日本は除灰装置

富士山噴火に備える㊦

[有料会員限定]

富士山の大規模噴火が与える経済活動への影響は首都圏に降る火山灰が最も大きい。東京都心部で2センチ以上の降灰が予想され、政府は空港の閉鎖や送電の停止など幅広いインフラで被害が起きることを想定する。JR東日本はレールに積もった火山灰を除去する装置を配備。全日本空輸(ANA)は成田空港への代替就航を視野に入れるなど各社は備えを急ぐ。

内閣府の防災対策実行会議の調査によると、富士山の大規模噴火は関東地方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン