/

日立、バイオ医薬品の開発支援でアクセリードと提携

日立製作所は7日、創薬支援を手掛けるアクセリード(神奈川県藤沢市)と次世代バイオ医薬品の開発支援で提携すると発表した。傷ついた組織を再生する再生医療や遺伝子医療に使う医薬品などの開発・製造を支援するサービスや、専門人材の育成に協力して取り組む。デジタル技術と創薬ノウハウという双方の強みを生かし、バイオ医薬品市場の成長を取り込む。

次世代バイオ医薬品はよりピンポイントで治療効果があるとして注目され、実用化も進んでいる。ただ、開発コストや投資リスクが従来より大きく、製薬関連企業にとって実用化に向けたハードルが高い。支援サービスで、開発期間の短縮やコスト削減につなげてバイオ医薬品の実用化や普及を促したい考えだ。

併せて、投資ファンドのウィズ・パートナーズ(東京・港)が運営する創薬維新投資事業有限責任組合(創薬維新ファンド)に出資した。出資額は非公表。同ファンドはアクセリードに投資している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン