/

この記事は会員限定です

会計士協会、会長に茂木氏 EY新日本出身

[有料会員限定]

日本公認会計士協会は13日、茂木哲也常務理事(54)が次期会長になることが決まったと発表した。7月の定期総会終了後に就任する。手塚正彦会長(60)は任期満了に伴い退任する。茂木氏はEY新日本監査法人のパートナー。東芝の会計不正後には監査法人の経営に携わり組織の信頼回復に努めた経験がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン