/

この記事は会員限定です

報酬開示、4割超の賛成も 過去最高77社に株主提案

検証 22年総会㊤

[有料会員限定]

3月期決算企業の株主総会がほぼ終了した。ロシアのウクライナ侵攻や世界的なインフレなど事業環境が激変するなかで、今後の針路を巡り経営者と株主が議論をかわした。株主から提案を受けた企業は過去最多の77社となった。機関投資家は議案の内容を精査して是々非々で判断するようになっており、情報開示や資本効率を求める議案には一定の賛成が集まった。

三菱UFJ信託銀行によると、6月に総会を開いた企業では77社に2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン