/

この記事は会員限定です

オミクロン、派生型BA.2が主流に 「XE」など雑種も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのオミクロン型の派生型「BA.2」が世界の流行の主流になった。世界保健機関(WHO)によると68カ国・地域でBA.2が優勢で、国内でも約7割を占める。オミクロン型と派生型の遺伝子が混ざった「XE」などと呼ばれる「雑種」のウイルスも英国などで複数種が確認されている。ワクチンの効果など詳細な調査が求められている。

WHOによると、各国からの解析結果ではオミクロン型のうちBA.2の割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン