/

この記事は会員限定です

JAL、21年3月期最終赤字2866億円 再上場以来最大

(更新) [有料会員限定]

日本航空(JAL)が7日発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が2866億円の赤字(前の期は480億円の黒字)だった。連結最終赤字は12年の再上場後で初めて。新型コロナウイルスの影響で旅客需要が低迷。売上高は前の期比65%減の4812億円となった。政府の緊急事態宣言や世界的な感染拡大で不透明な需要動向が続くとして、22年3月期の業績予想は未定とした。

同日、2026年3月期までの中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン