/

この記事は会員限定です

ENEOS、時間買う巨額買収 「金の卵」巡り争奪戦

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ENEOSホールディングスの巨額買収は、脱炭素に対応する時間を買うためだ。本業の石油事業は逆風に直面、「2040年には国内需要は半減する」(ENEOS幹部)との危機感がある。油田の権益などを売った資金で再生可能エネルギーを買い、生き残りへ業態転換を急ぐ。

買収する再生可能エネルギー新興のジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京・港)が、足元で稼働させている発電所の出力は計40万キロワット超...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン