/

この記事は会員限定です

新年度の派遣料金、高値横ばい 優秀人材を囲い込み

一般事務職、コロナ禍でも下落せず 働き方の変化も背景に

[有料会員限定]

人材派遣料金の高値が続いている。人材派遣大手が派遣先企業に請求する事務系派遣の料金は、4月からの2021年度も20年度と横ばいで始まった。新型コロナウイルス禍で新規契約はやや減っているが、優秀な人材を契約更新で囲い込む動きが目立つ。経済活動が本格回復すると再び人手不足になるとの警戒感や、コロナ禍での働き方の多様化も背景にある。

大手人材派遣会社が派遣先企業から受け取る派遣料金は4月時点で、一般事務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン