/

この記事は会員限定です

洋紙類減り板紙伸びる 生産量、コロナで明暗鮮明に

[有料会員限定]

洋紙と板紙の国内生産の格差が鮮明だ。段ボールなどの板紙の伸びに対し、情報・印刷用紙などの紙類は減少が続く。新型コロナウイルスの感染拡大で通販向けの段ボール需要が伸びる一方、テレワークの定着はオフィスでの印刷用紙などの消費を抑える。生活様式の一変で、紙の生産・消費の明暗が分かれた。

「もっぱら買い物はネット通販だから、アマゾンの段ボールが毎日のように届く」。都内在住の30代女性は話す。もともとアマゾ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン