/

ヤマト運輸、オートロックマンションでも置き配

NIKKEI MJ

ヤマト運輸はオートロックマンションのエントランスキーを宅配員が解錠し、「置き配」ができるシステムの導入を始めた。デジタルキー会社6社と連携し、マンション14棟で導入。2022年度中に約1万棟を目指す。新型コロナウイルス禍で電子商取引(EC)による荷物が増加するなか再配達を減らし、消費者の利便性向上や宅配員の負担軽減につなげる。

システムは荷物の受け取り主が発送通知のメールに記されたURLをクリックして置き配を選び、オートロック解錠に同意すると、宅配員がスマートフォン専用アプリで解錠できるようになる仕組みだ。宅配員が玄関前などに置き配した荷物の写真を撮ると、受け取り主にその様子が確認できるURLも届く。

必要な手続きは事前にマンションのオートロック解錠用機器の情報とEC注文時の配達先の住所を照合し、対象のデジタルキー会社にエントランスの解錠申請をすることだ。配達情報ごとにオートロック解錠に必要なワンタイムパスワードが発行されるため、安全性が高いという。

ヤマトのEC事業向けサービス「EAZY」を導入している通販サイトでの商品購入が対象だ。スマホを鍵代わりにする技術をマンションなどに提供するライナフ(東京・文京)などデジタルキー会社6社と連携し、先行的に練馬区、豊島区、板橋区のマンション14棟で開始した。22年度中に全国約1万棟での導入を目指す。将来はデジタルキー会社10社と組み、数十万棟に拡大する方針だ。

コロナ禍による外出自粛などが続いたことで、ECサイトの荷物は増え続けている。ヤマトでは21年度の宅配便取扱個数が22億7562万個となり、過去最多を記録。20億個を初めて超えた20年度に続いて2年連続での過去最高更新となった。

こうしたなか、オートロックマンションでは1戸ずつ許可を得てから立ち入らなければならず、不在時の置き配もできない。宅配ボックスが設置されていても空きがないと再配達になり、宅配の効率化が課題となっている。住宅・不動産総合研究所によると、00年以降の新築マンションでは6割以上がオートロック付きで、東京23区では約8割にのぼる。

日本郵便や佐川急便もデジタルキー会社と連携し、事前に登録した配達員の顔写真などでオートロックを解錠する仕組みの置き配の実証実験を進めている。日本郵便はマンション内で自動走行ロボットによる配達実験も行っており、「効率化と安全性などを考慮し、より良い選択肢を模索している」(同社)と語る。

こうした置き配に関するシステム導入の課題は、入居者のセキュリティー面の不安解消があげられる。ヤマトと連携するライナフは「事前許可を得た配達員が専用アプリで解錠する仕組みは、なりすまし防止などの効果で安全面でも有用だ。住民には便利さと併せて伝え、利用拡大を進めたい」(広報)という。

多発する再配達が減れば、配達員の負担軽減だけではなく二酸化炭素(CO2)削減という社会課題解決も期待できる。

(松井亮佑)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで!

ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経MJをPC・スマホで!

ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン