/

この記事は会員限定です

「冬眠の謎」探り医療応用めざす 北大、臓器移植などに

[有料会員限定]

寒く厳しい冬を乗り切るために冬眠する哺乳類がいる。特にシマリスや、ネズミに近いヤマネなどの小型哺乳類は、数カ月にわたる冬眠期間の大半を体温がセ氏10度以下の極端な低温状態で過ごす。冬眠をヒントに哺乳類が低温や体温の急上昇に耐えられる仕組みを解明する研究が、北海道大学で進んでいる。臓器移植や再生医療で臓器を低温保存する技術など医療応用にもつながると期待される。

哺乳類の冬眠は「21世紀の生物学のフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン