/

この記事は会員限定です

セカンドライフ創業者「広告主体のメタバースに反対」

デジタルサミット

[有料会員限定]

米セカンドライフ創業者のフィリップ・ローズデール氏は7日、「世界デジタルサミット」(日本経済新聞社・総務省主催)で対談し、「メタバースにおいて広告をベースとするビジネスモデルには反対だ」と話した。仮想現実(VR)デバイスについては「かなり軽量化されているが、テクノロジーの変革には今後5年から10年かかる」との考えを示した。

仮想世界であるセカンドライフは、2003年にリンデンラボが開始したサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

デジタルサミット

日本経済新聞社は2022年6月6日、7日の両日、「世界デジタルサミット2022」を開催します。メタバースの広がりなどますます進化するネット社会で「安心・安全」を育むための「デジタルトラスト」をどう醸成するか議論します。


セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン