/

三菱商事系、グリーン水素製造に参加 欧州最大級

三菱商事中部電力が出資するオランダの再生可能エネルギー大手エネコは、再生エネを使って二酸化炭素(CO2)を出さずにつくる「グリーン水素」の供給に乗り出す。英シェルなどが開発中の欧州最大級の水素事業に加わる。三菱商事の投資額は200億~400億円程度になる見通しだ。

エネコには三菱商事が80%、中部電力が20%出資する。エネコはシェルやノルウェーのエネルギー大手エクイノールなどで構成する欧州最大級の水素事業「NortH2(ノースH2)」の事業会社に10%出資することを決めた。

事業会社はオランダ沖を中心に2030年までに最大400万キロワットの洋上風力発電所を建てる。風力由来の電気で水素をつくり、30年に年40万トンの水素製造を目指す。総投資額は25億ユーロ(約3370億円)になる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン