/

任天堂、スイッチにプログラミング学習ソフト

日経クロステック

任天堂は6日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」用のプログラミング学習ソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を発表した。6月11日に発売する。価格はパッケージ版が3480円、ダウンロード版が2980円。

同ソフトではキャラクター同士を線でつなぐといった直感的な操作でゲームを作成する。これにより、「入力(何をすると)・出力(何が起こる)」というゲーム作成の基礎を学べるという。

ゲーム作成を通じてプログラミング的思考に触れられる機能を備える。ナビゲーションに従って様々なゲームを作成する「ナビつきレッスン」、レッスンの内容を理解できているかどうかを確認する「チェックポイント」、作ったゲームの仕組みをキャラクターたちの会話で確認する「ノードンガイド」などである。

「フリープログラミング」の機能を備えており、ゲームを自由に作成することも可能だ。作成したゲームはインターネットや家庭内LANを介してシェアできる。ただしインターネットを介してシェアする場合は有料会員サービス「ニンテンドースイッチオンライン」への加入が必要である。

(日経クロステック/日経NETWORK 安藤正芳)

[日経クロステック 2021年5月6日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン