/

この記事は会員限定です

サントリーBF、飲料容器ラベルはがしやすく 分別容易に

[有料会員限定]

サントリー食品インターナショナル(サントリーBF)はペットボトルのラベル用に、はがしやすいのりを開発した。2022年末までに、のりを使う全商品に導入する。のりがボトルに残ると、分別しにくかったり再利用品の品質が落ちたりする課題があった。新技術で利便性と再利用の品質を高める。

東洋インキSCホールディングス子会社で樹脂や加工事業を手がけるトーヨーケム(東京・中央)と原料の配合を見直すなどして共同開発した。「サントリー天然水」の一部で導入を始めた。

ペットボトルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン