/

この記事は会員限定です

日本のコメ輸出、コロナ禍でも最高更新 13年連続増

JA全農、中国・中糧集団に供給開始 輸出増に弾み

[有料会員限定]

日本のコメ輸出が13年連続で増えた。2020年の輸出量(援助米を除く)は前年比13%増の1万9687トンだった。アジアで品質の良い日本産を求める消費者が増えたところに、新型コロナウイルス禍に伴う巣ごもり消費が重なった。20日には全国農業協同組合連合会(JA全農)が中国国有食料大手、中糧集団(COFCO)にコメを供給すると発表、日本のコメ輸出に弾みがつきそうだ。

JA全農は日本産やタイ産などの輸入米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン