/

この記事は会員限定です

サイバー被害防ぐ技術 スタートアップ小回り利かす

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

サイバー空間での企業の被害防止にスタートアップが重要な役割を果たし始めた。新型コロナウイルス感染拡大で電子商取引(EC)の利用が広がるなか、高まるリスクに対し先回りするのが特徴だ。アクセスデータ分析や動画チェックなどの技術を駆使し、商品をめぐるトラブルや他人によるなりすましなどの危険の芽を摘む。

住所や名前偽る注文を検知

不正注文の検知システムを提供するスタートアップ、かっこは2021年1~3月期に不正検知関連事業の売上高を1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン