/

ヤマト、21年度宅配便個数8.5%増 2年連続で最多

ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマト運輸は6日、2021年度の宅配便取扱個数が前年度比8.5%増の22億7562万個となり、過去最多を記録したと発表した。20億個を初めて超えた20年度に続いて2年連続での過去最高更新となる。

新型コロナウイルス下の感染拡大に伴う外出自粛などが続き、電子商取引(EC)サイトの荷物の増加が続いたことが背景にある。特に自宅のポストで受け取れる小型荷物「ネコポス」は前年度比31.2%増の3億8494万個で堅調な伸びが続いている。衣類や雑貨などを扱うフリーマーケットアプリ利用者の需要などが増え、個人間の宅配の裾野が広がっていることも背景にある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン