/

 サイゼリヤ、初の小型店で冷食を本格販売 「中食」開拓

サイゼリヤが8日に開店する小型店舗「サイゼリヤ地下鉄赤塚店」

サイゼリヤは7日、店の広さを従来の約4割に小さくした店舗を報道陣に公開した。メニューでは新たに冷凍食品を多く取りそろえ、来店客は持ち帰ることもできる。コロナ禍で外食需要が低迷するなか、新たな店舗モデルで「中食」需要も取り込む。

8日に小型店の1号店となる「サイゼリヤ地下鉄赤塚店」(東京・練馬)を開く。コンビニエンスストアの跡地で、広さ120平方メートルと同社の平均的な店舗面積の約4割となる。厨房設備を絞り、厨房と客席フロアは約1対3の割合で既存店と同様に設計した。

店内でのメニュー数や価格は既存店と同じにする。専用の冷凍ショーケースを設け、サイゼリヤの人気メニュー「辛味チキン」など冷凍食品も販売する。既存店の一部でも販売していたが、客から見える大型のショーケースは初めてで、種類も多く取りそろえる。今後さらに食材販売を拡充していくという。

店内奥に冷凍食品ショーケースを設けた

客席は44席で、手軽に食事できる1人用の席も8席用意した。小型店舗にすることで賃料を抑えるとともに、従業員は最大3人と既存店より少なくし運用費用を抑える。

コロナ禍で店内飲食の需要は落ち込み、サイゼリヤの月次の既存店売上高は2020年3月以降、13カ月連続で前年同月を下回っている。店内飲食と冷凍食品の販売の2つの収益を柱にした新たな店舗モデルにし、これまで展開できなかった狭小地にも今後出店していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン